Blog
ブログ

【全学科】教員インタビュー

 

こんにちは!

今回のブログでは出雲医療看護専門学校の教員を紹介したいと思います。

 

今回は言語聴覚士学科の門脇 康浩先生を紹介します。

 

 

Q1.普段受け持っている授業は何ですか?

運動障害性構音障害、嚥下障害

脳梗塞などの病気のためにしゃべりにくくなったり、食事がしにくくなったりすることがあります。そのような症状がなぜ現れるのか、そしてどのようなリハビリテーションを行えばよいのかを学ぶ授業です。

 

 

Q2. 授業に対するこだわりを教えてください!

できるだけ臨床の経験を踏まえた授業を行うようにしています。

 

Q3. 休日は何をして過ごしていますか?

研修会へ参加したり、家族と出かけたりしています。今年はギターを練習したいです!

 

Q4. 医療系を目指す皆さんに一言!

医療の現場で働くためには、ライセンスと高い専門性をもっていなければなりません。

ぜひ目指す資格を頑張って取得し、「人の役に立つ」医療職になってください!

 

 

 

これからも学生の夢を支える出雲医療看護専門学校の先生方を紹介していきたいと思います!

お楽しみに!

 

 

 

 

【出雲医療看護専門学校についてはここから】

【もっと詳しく聞きたい方はここから】