資料請求
オープン
キャンパス

「話す・聞く・食べる」。
障がいを抱える人の生活を支える専門家を目指す。

Speech Therapy Course

言語聴覚士学科

  • 昼間部
  • 3年制

障がいを抱える人たちの気持ちを理解し、心と身体を支える事のできる言語聴覚士を育成します。

病気や事故、また、先天的に「話す」「聞く」「食べる」といった機能に障がいを抱えている方に、症状の維持・回復に向けて訓練や指導、助言などを行うのが言語聴覚士の主な仕事。
専門的な知識や技術はもちろん、こどもから高齢者の方まで、一人ひとりの気持ちを理解し、それぞれの生活に合わせた医療を提供できる言語聴覚士を育成します。

目指せる資格
  • 言語聴覚士国家試験受験資格
  • 大学編入受験資格
  • 医療専門課程【専門士】
働ける職場
  • 1医療施設

    病院・診療所・地域医療支援病院・リハビリテーションセンターなど

    病気・事故・生まれながらに障がいがある患者さまに対し、将来予想される言語や聴覚の障がいを最小限にするためのリハビリテーションを医師の指示のもと行います。

  • 2保健施設

    介護老人保健施設・デイケアセンター・訪問リハビリテーション事業所・訪問看護事業所

    リハビリテーションを目的とした高齢者の方に対し、言語障がい・聴覚障がいはもちろんのこと、最近増えている嚥下障がいの回復に向けた訓練・指導を行います。

  • 3福祉施設

    特別養護老人ホーム・デイサービスセンター・肢体不自由児施設・重症心身障害児施設

    社会福祉法に適応する、高齢者・障がい者・障がい児の方に対し検査を行い、それぞれに必要な言語指導・摂食指導を行います。

  • 4教育機関

    特別支援学校・研究施設・言語聴覚士教育施設(大学・短大・専門学校)

    コミュニケーション・摂食・ことばの発達が気がかりな子供に検査・指導を行います。他、言語聴覚士養成機関において後進の指導にあたることもできます。

  • 5企業

    補聴器メーカー・医療器具メーカー等

    聞こえや音声の障がいなどのある方のための器具の提案・販売を行います。

出雲医療看護の高い資格取得・就職実績

  • 国家試験合格率

    (2017年3月卒業生実績)

    言語聴覚士

    100%

    (全国平均89.9%)
    5名中/5名合格

  • 就職希望者就職率

    (2018年3月卒業生実績)

    100%

Point 1

臨床実習が充実!実際の言語聴覚士や患者さまから直に学べる!

言語聴覚士になるためには、医療の専門知識や技術はもちろん必要となりますが、患者さまとのコミュニケーション能力も大変重要となります。
本校では臨床実習を多く取り入れ、実習先で実際の業務内容を見て、聞いて、実践していくことで、患者さまが何を求めているのか、患者さまの気持ちを理解できる力を身につけていきます。

Point 2

地域と連携した本校独自の授業

失語症友の会交流・保育園交流

出雲圏域失語症友の会「あしたの会」の方々と交流し、失語症の方とのコミュニケーション方法を学びます。
また、近隣保育園の園児との交流をして、子どもとの接し方や発達過程を体験から学びます。 在学中から将来関わる方々と触れ合う機会は、学ぶ中での結びつきにも大きく役立ちます。

Point 3

中国地方唯一の3年制専門学校だから、高校卒業後すぐに目指せる!

3年制の専門学校は中国地方で本校だけ!高校を卒業して最短で目指すことが出来ます。全国的にも人材が不足している言語聴覚士。早く臨床の現場で働き、経験を積むことができます。

Real Voice

卒業生
聞いてみたい!

  • 左:卒業生

    社会医療法人社団 沼南会
    沼隈病院勤務

    園山 加子さん

    島根県立出雲商業高等学校出身
    言語聴覚士学科2017年3月卒業

  • 右:在校生

    言語聴覚士学科

    佐野 颯太朗さん

    出雲西高等学校出身

きっかけはオープンキャンパス。この資格が私の生きる道!

佐野:先輩!いまの職種を選んだ理由を教えてください。

園山:私は色々となりたいものが多くありましたが、実際に進路を決める頃には母親の周りに看護師が多かったこともあり、なんとなく看護師になろうと考えていました。でも自分で決めた道に進みたいという思いがあり、オープンキャンパスに参加しました。そこで言語聴覚士のことを聞いて興味を持ち入学しました。

佐野:自分の場合は子供が好きだったので子供に関われる仕事を考えていました。その頃、祖母が脳梗塞になってリハビリを受ける機会があり、そこで言語聴覚士を知ったのがきっかけです。

写真:左)データの管理も大切な仕事。

写真:右)脳を活性化させる訓練も。

チーム医療だからこそ、コミュニケーションの大切さを実感。

佐野:実際に現場で働いてみてどうですか。

園山:臨床現場は教科書通りではないですね。先輩のアドバイス等も参考にしながら患者様を診ています。失語症や高次脳機能障害の患者様も担当させて頂いていますが、割合としては、嚥下障害の患者様が多いです。

佐野:言語聴覚士になって、よかったと思うことは何ですか?

園山:患者様と関わっていく中で、ご飯が食べられるようになったり何か結果が出て、ご家族からありがとうって言われると嬉しく感じます。リハビリは言語聴覚士だけではなく、多職種の病院スタッフと情報共有しながら行なうものです。いろいろなことを話し合える職場で本当に良かったです。

佐野:勉強になりました。ありがとうございました。

PAGE TOP