学校法人 大阪滋慶学園 出雲医療看護専門学校学校法人 大阪滋慶学園 出雲医療看護専門学校

  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
menu
学科紹介学科紹介

「話す・聞く・食べる」。
障がいを抱える人の生活を支える専門家を目指す。

言語聴覚士学科言語聴覚士学科

障がいを抱える人たちの気持ちを理解し、
心と身体を支える事のできる言語聴覚士を育成します。

病気や事故などが原因で、また、生まれたときから先天的に、「話す」「聞く」「食べる」といった機能に障がいを抱えている方に、症状の維持・回復に向けて訓練や指導、助言などを行うのが言語聴覚士の主な仕事。
専門的な知識や技術はもちろん、こどもから高齢者の方まで、一人ひとりの気持ちを理解し、それぞれの生活に合わせた医療を提供できる言語聴覚士を育成します。

目指せる資格
  • 言語聴覚士国家試験受験資格
  • 大学編入受験資格
  • 医療専門課程【専門士】
働ける職場
医療施設
病院・診療所・地域医療支援病院・リハビリテーションセンターなど
病気・事故・生まれながらに障がいがある患者さまに対し、将来予想される言語や聴覚の障がいを最小限にするためのリハビリテーションを医師の指示のもと行います。
保健施設
介護老人保健施設・デイケアセンター・訪問リハビリテーション事業所・訪問看護事業所
リハビリテーションを目的とした高齢者の方に対し、言語障がい・聴覚障がいはもちろんのこと、最近増えている嚥下障がいの回復に向けた訓練・指導を行う。
福祉施設
特別養護老人ホーム・デイサービスセンター・肢体不自由児施設・重症心身障害児施設
社会福祉法に適応する、高齢者・障がい者・障がい児の方に対し検査を行い、それぞれに必要な言語指導・摂食指導を行う。
教育機関
特別支援学校・研究施設・言語聴覚士教育施設(大学・短大・専門学校)
コミュニケーション・摂食・ことばの発達が気がかりな子供に検査・指導を行う。他、言語聴覚士養成機関において後進の指導にあたることもできます。
企業
補聴器メーカー等
医師の診断から聞こえに障がいのある方に対し、聴力測定を行いその方に合った補聴器の提案・販売を行う。
  • 学びのポイント学びのポイント
  • 独自のカリキュラム独自のカリキュラム
  • 充実した実習内容充実した実習内容
ポイント1

臨床実習が充実!実際の言語聴覚士や患者さまから直に学べる!

言語聴覚士になるためには、医療の専門知識や技術はもちろん必要となりますが、患者さまとのコミュニケーション能力も大変重要となります。
本校では臨床実習を多く取り入れ、実習先で実際の業務内容を見て、聞いて、実践していくことで、患者さまが何を求めているのか、患者さまの気持ちを理解できる力を身につけていきます。

ポイント2

地域と連携した本校独自の授業

失語症友の会交流

出雲圏域失語症友の会「あしたの会」の方々と交流し、失語症の方とのコミュニケーション方法を学びます。
在学中から将来関わる方々と触れ合う機会は、学ぶ中での結びつきにも大きく役立ちます。

ポイント3

中国地方唯一の3年制専門学校だから、高校卒業後すぐに目指せる!

3年制の専門学校は中国地方で本校だけ!高校を卒業して最短で目指すことが出来ます。全国的にも人材が不足している言語聴覚士。地元で学び地元で就職するチャンスが広がります。

在校生の声

藤本 紫音さん

出身校
鳥取県立鳥取東高等学校

知識の詰め込みではなく、「失語症友の会」の皆さんや近隣保育園の園児との交流を通して、“人”として学ぶことができます。これらの経験を活かし、技術面だけでなく、患者さんの心も支えられる言語聴覚士になりたいです。

先生からのメッセージ

小林 雅人先生

勉強はもちろん大切。でも、同じくらい人間的にも成長してほしい。誠実な態度が伴ってはじめて、信頼される医療人へ道が開けます。 授業を通して、また学生と接する際に、何事にもひたむきに取組むことの大切さを伝えています。

オープンキャンパスへ行こう!!オープンキャンパスへ行こう!!