資料請求
オープン
キャンパス

医療業界からスポーツ業界まで、
人の生活を支える「動作」の専門家を目指す。

Physio Therapy Course

理学療法学科

  • 昼間部
  • 3年制

患者さまやスポーツ選手、様々な方の症状に対応できる、専門的な知識・技術を養成します。

病気やケガ、高齢により日常生活に支障をきたした方々に対しての身体的なリハビリテーションや、スポーツ選手を対象としたメディカルトレーナーとして活躍する理学療法士。本学では、患者さまやスポーツ選手など、一人ひとりの症状や身体に合わせた運動療法や物理療法などを行うことができる専門知識や技術力を養っていきます。

目指せる資格
  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 大学編入受験資格
  • 医療専門課程【専門士】
  • スチューデントトレーナー中級
  • 介護予防運動トレーナー
  • 福祉住環境コーディネーター2級・3級
働ける職場
  • 1病院

    ほとんどの総合病院にはリハビリテーション部門があります。そこで、手術後の患者さまの病気やケガの回復のためのリハビリテーションなどを行います。

  • 2リハビリ
    テーション専門病院

    リハビリテーションを中心に行う病院に勤務し、主に脳血管障がいの後遺症がある方や、整形外科手術後の方などに対して、リハビリテーションの計画を立てて適切な指導を行います。

  • 3福祉施設

    高齢者福祉施設や身体障がい者療養施設などで、利用者の方々の機能回復訓練のほか、地域行事に参加したり、サークル活動などを行います。

  • 4スポーツリハビリ
    テーション

    医療機関や健康増進施設などでアスリートやスポーツ愛好者に対して、運動機能やパフォーマンス向上のために運動療法などの訓練やコンディショニング管理を行います。

  • 5在宅リハビリ
    テーション

    高齢者などのご自宅を訪問し、生活が自立されている方には、自立度が低下しないように生活トレーニングを行い、介護が必要な方には、より効率的な介護法や環境適応に関する指導をご本人とそのご家族へ行います。

出雲医療看護の高い資格取得・就職実績

  • 国家試験合格率

    (2017年3月卒業生実績)

    理学療法士

    100%

    (全国平均96.3%)
    27名中/27名合格

  • 就職希望者就職率

    (2018年3月卒業生実績)

    100%

Point 1

Wライセンスを取得して、プラスαを身につけた理学療法士に!

本校では、病院などの医療業界はもちろん、その他にスポーツ業界でも理学療法士として活躍することができる知識や技術を身につける事ができます。

本校では、理学療法士の資格だけでなく、在学中にプラスの技術や資格を身につけることができます。
「スポーツトレーナー」「介護予防」「福祉」に強い理学療法士になれます。

Point 2

各分野に強い教員陣

山陰ではここだけ!

「整形外科」「脳」「子ども」「心臓」「地域」など、教員陣が専門としている分野があります。この専門性を活かして、授業、実習、研究、国家試験など多くの面で対策し、手厚いフォローをしています。

Real Voice

卒業生
聞いてみたい!

  • 左:卒業生

    出雲医療生活協同組合
    出雲市民リハビリテーション病院勤務

    杉原 翔太さん

    島根県立大社高等学校出身
    理学療法士学科2017年3月卒業

  • 右:在校生

    理学療法士学科

    加納 敬太さん

    島根県立島根中央高等学校出身

医師や看護師以外の医療職を知ったことで進路を決めました。

加納:先輩はどうして今の職業を選んだのですか。

杉原:高校生の頃にスポーツで捻挫をしてリハビリをする機会がありました。そのとき初めて理学療法士という資格を知り単純にかっこいいと思ったのがきっかけです。高校の頃から医療職を目指していましたが、看護師だけではなく理学療法士という他の職種の選択肢を知ったことが大きかったですね。

加納:実は自分も野球をしていて怪我をした時にこの資格を知り、目指すきっかけになりました。医療職ということもあり難しいイメージがありましたが思い切って入学しました。

写真:左)まず信頼関係を築くことから。

写真:右)平行棒を使った歩行訓練。

チーム医療だからこそ、コミュニケーションの大切さを実感。

加納:今はどんな仕事をしているのですか。

杉原:脳血管・整形などが主な担当の疾患です。脳血管は多彩で考え方も原因も様々。実習の時に脳血管の方を多く見ていて、実習がきっかけで興味を持ちました。徐々に回復していく傾向を見るとやりがいを感じています。現場ではチーム医療で、医師・看護師・作業療法士・ソーシャルワーカーと情報共有をしながら仕事をしています。少しずつ先輩にも聞きながら、今では自分からも提案できるようになりました。コミュニケーションは黙っていたら伝わらない。自分から行くことが大切です。

PAGE TOP