資料請求
オープン
キャンパス

さまざまな医療機器の力を駆使して、
患者さまの命を支える臨床工学技士を目指す。

Clinical Engineer Course

臨床工学技士学科

  • 昼間部
  • 3年制

手術時や入院時など、患者さまの命を支えるためにさまざまな医療機器の専門的な知識・技術を養います。

臨床工学技士は医師の指示のもと、人工呼吸器などのさまざまな生命維持管理装置を操作しながら患者さまの命を支えていく、責任ある大変重要な職種です。
本校では国家試験対策はもちろん、医療機器の専門知識や操作技術なども充実した実習内容で身につけることができます。“医療に携わりたい”“たくさん人の命を救いたい”そんな強い気持ちがあれば、だれでも臨床工学技士を目指すことができます。

目指せる資格
  • 臨床工学技士国家試験受験資格
  • 第1種・第2種ME技術実力検定試験
  • 大学編入受験資格
  • 医療専門課程【専門士】
働ける職場と業務内容
  • 病院
  • 人工透析クリニック
  • 医療機器メーカー など
  • 1呼吸治療業務

    肺の機能が悪くなり、呼吸が十分にできなくなった患者さまには人工呼吸器が装着されます。人工呼吸器が安全に使用されているか、また、異常がないかを確認します。

  • 2人工心肺業務

    心臓手術の際、心臓や肺に代わる体外循環装置(人工心肺)を医師の指示のもと操作・管理します。同時に周辺にある多くの医療機器の操作や点検なども行います。

  • 3血液浄化業務

    体内に溜まった老廃物などを排泄あるいは代謝する機能が働かなくなった場合に、医師の指示のもと、血液透析療法・血漿交換療法などに必要となる機器の操作を行います。

  • 4手術室業務

    手術内容によって使用される機器は多種多様であり、手術が円滑にそして安全に行われるように、医師の指示のもと、機器の操作や事前の管理を行います。

  • 5集中治療業務

    手術後の患者さまや、呼吸・循環・代謝などが悪くなり命に関わる患者さまに対し、医師の指示のもと、人工呼吸器や持続的血液浄化装置などの操作や管理を行います。

  • 6心血管カテーテル業務

    心臓カテーテル検査は心臓疾患の診断をするための重要な検査方法です。医師の指示のもと、検査の記録をするためのコンピュータ操作や、検査室内にある装置の操作を行います。

  • 7ペースメーカー
    ・ICD業務

    不整脈に苦しむ患者さまはペースメーカー、植込み型除細動器(ICD)といった機器を身体に植込む手術を行います。医師の指示のもと、機器を取り扱う場面で管理や操作を行います。

  • 8医療機器管理業務

    医療施設の様々な分野で使用される医療機器が、日々安全に使用できるように、また機器の性能が維持できるように保守・点検を行います。

  • 9医療機器メーカー

    新しい医療機器の研究開発や、病院などへの機器の情報提供・販売を臨床工学技士の視点で行います。

出雲医療看護の高い資格取得・就職実績

  • 国家試験合格率

    (2017年3月卒業生実績)

    臨床工学技士

    100%

    (全国平均91.1%)
    13名中/13名合格

  • 就職希望者就職率

    (2018年3月卒業生実績)

    100%

Point 1

演習中心のカリキュラムだから、知識や技術が確実に身につく!

講義で学んだ事を実際の医療機器を使って演習し、復習していくので、機械工学や理数系が苦手な方や、勉強にあまり自信がない方でも、専門的な知識と技術を3年間で確実に身につけることができます。

Point 2

実際の医療現場で扱う最新の設備が充実!

本校では、実際の医療機関にも劣らない最新鋭の設備を用意。
就職後にはさまざまな医療機器を扱うことのできる、実践力を持った臨床工学技士として活躍することができます。

Point 3

本校独自の海外研修プログラム

本校では、2年次にアメリカでの海外研修を行います。ロマリンダ大学の講義や、実際の病院に赴き、停電時に備えた非常用の電源装置や、液体窒素・酸素の貯蔵タンクなどを見せて頂き、医療機関としてのリスクマネジメントの一面を体験します。その他にも、現地の学生との交流を行う有意義な研修です。

Check Point!

スケジュール例 ※学科により異なります

  • 1日目

    日本出国
    現地到着

  • 2日目

    開会式
    キャンパスツアー
    文化交流

  • 3日目

    施設見学
    講義、実習

  • 4日目

    講義、実習
    プレゼンテーション

  • 5日目

    現地観光
    レクリエーション

  • 67日目

    現地出国
    日本帰国

Real Voice

卒業生
聞いてみたい!

  • 左:卒業生

    医療法人 姫野クリニック勤務

    舟木 駿さん

    島根県立松江工業高等学校出身
    臨床工学技士学科2016年3月卒業

  • 右:在校生

    臨床工学技士学科

    佐々木 まなみさん

    島根県立松江北高等学校出身

少しでも祖母の助けになりたい気持ちがきっかけです。

佐々木:先輩はいつ頃、この職業をめざしたのですか。

舟木:臨床工学技士を目指したのは、高校2年生の後半ですね。医療職に就きたいと思い、専門学校か大学かで迷っていたのですが、松江市で開催されたセミナーで本校を知りました。もともと工業高校出身だったので工業系の知識を生かせるかなという気持ちと、私の祖母が人工透析を受けていたこともあり、少しでも助けになれればという思いもありました。

佐々木:現在はどのような仕事を主にしているのですか。

舟木:人工透析です。患者様の血液データを1ヶ月に1回とるのですが、結果が悪かった場合はやり方を変えるなどして、患者様のデータが良くなったのを見るとやりがいを感じます。

写真:左)人工透析の準備中。

写真:右)取り扱いには注意が必要です。

現代の医療現場に欠かせない仕事だと実感しています。

佐々木:就職してとまどうことなどはありませんでしたか。

舟木:最初から完璧にこなせる人などいません。最初はできなかったことが、一緒に働く臨床工学技士の先輩や看護師の方から色々と教えてもらうことでできるようになります。仕事でトラブルがあっても今は落ち着いて対処ができたりすると少しは成長したかなと思います。
臨床工学技士は患者様と関わる機会が少ないと思っていましたが、実際は医師や看護師などと連携をとり、医療機器を使って患者様を支える今の医療に欠かせないやりがいの大きい仕事です。

PAGE TOP