Blog
ブログ

【言語聴覚士学科】評価実習へむけて結団式をしました!

1月16日から2年生の4週間の評価実習が始まります。
1年生の時には2日間の見学実習を行いました。
今回は、初めての長期実習ということもあり、学生たちは不安いっぱいの表情でしたが
結団式では、実習へ向けての心構えなどをしっかりと発表している姿を見ることが出来ました!!
 
 
 
学生たちの決意表明を少しご紹介します。
 
1年次の見学実習では、自分が目指す言語聴覚士が見えてきた反面、
言語聴覚士としての知識不足であったり、社会人・医療人としての基本的なマナーが
出来ていないという反省があった。
今回は、見学実習で見えてきた自分に足りないところを、しっかりとやっていきたい。
 
実習指導者や他職種との連携などチーム医療の実際を自分の目で見て、学びたい。
また、実習を受け入れてもらえることに対し自分に貴重な時間を頂いていることを忘れず
常に感謝の気持ちをもって行いたい。
 
3年次の臨床実習や就職活動へつなげることが出来る実習にしたい。
など、それぞれが強い思いを持って実習へ挑むという決意を表明していました!!
_________________
 
次長より、学生へ向けて
自分が発表した決意表明を常にかばんの中に入れ持ち歩き、
不安になったり、躓いたりしたときはそれを見て振り返ってください。
また、
●熱意-実習で積極的な行動をとる
●誠意-謙虚な気持ちを持ち、分からないことなど素直に聞く姿勢
●情意-患者様に対する想い
を大切に実習を頑張って下さい。
と激励の言葉を送られました。

 
言語聴覚士学科の先生からも、学生たちへ向けてメッセージがありました★
 
●患者様のための医療職であり、寄り添うための言語聴覚士。
実習中は厳しいこともあると思いますが、頑張って下さい。
 
●見学実習からの積み重ねで皆さんは成長していきます。
辛いときに向き合うのは大変ですが、クラス一丸となり
同じ言語聴覚士を目指す仲間と一緒に実習を乗り越えて欲しいです。
 
●実習では失敗することを恐れず、積極的に行動に移して下さい。
それが、身のなる知識や技術になります。
 
●一人ひとりが目標を明確にしながら、積極的に行動をし成長をしてきて下さい。
4週間の実習で学ぶことは、今後の糧となります!!
 

 
インフルエンザが流行している季節ですが、
みなさん体調管理や時間管理をしっかりして、充実した実習になるよう
応援をしています!!頑張って下さいね★