Blog
ブログ

【看護学科】~授業紹介~

こんにちは、今回は看護学科の形態機能学の授業を一部ご紹介します。
今日は看護学科1年生が学内講堂にて事前学習のまとめ発表会を行いました。

講堂の発表会会場がこちらです。
 
発表の内容は主に人体について。
発表項目は脊髄、肺、心臓、脳、迷走神経、男女の違いなどです。
発表は班に分かれて行いましたが、多くの班は模造紙に分かりやすくまとめたものを用いています。

脊髄について。
 

脳について。
 

男女の違いについて。
 

迷走神経について。
 

心臓について。
 
また班によっては模型やパソコンでのパワーポイントにて発表の方法を工夫しているところもありました。

栄養が吸収される腸のイメージ。
 

小腸と大腸の表面積の違いについて。
 

パワーポイントを用いた発表。
 
 
学生からは、
「各班がそれぞれ調べた内容について発表を行い理解を深めることができました。これを今後の学習に活かしていきたいです。」と語っていました。
 
また、看護学科教員からは、
「今回の発表をスムーズに行うことができたのは、発表に向け事前学習をしっかり行っていたからだと評価できます。これから学ぶことはまだまだ数多くありますが、なぜ勉強するのかを考えて勉強してほしいと思います。今後の学びにおいて人体について知り、疾患について知ることの一つ一つが患者様のための看護に繋がります。学ぶことを楽しみながら今後の頑張りに期待しています。」とコメントがありました。
 
このような発表の場は今後も数多くあります。
まだ入学して2ヶ月の1年生ですが、今回の発表を今後の学びに活かしてもらいたいと思います。