Blog
ブログ

【言語聴覚士学科】3年臨床総合実習 症例報告会

病院や施設に勤務する言語聴覚士の先生の下で行なわれる臨床実習では、現場に出て働くための実践的な知識・技能を学ぶことができます。
先日、本学科では臨床総合実習の症例報告会が行なわれました。

やや緊張した面持ちで、これまでの学びの集大成ともいえる症例報告をする3年生。
実習前よりもずいぶん成長した印象です。

発表のあとの質疑応答では、冬に評価実習を控えた2年生から多くの質問がありました。
先輩たちの発表を聞いて学ぶところが多かったことと思います。
最後には松井教務部長より、「年々、内容が充実してきている」と、うれしいコメントを頂きました。

この経験をバネに、より一層頑張って欲しいと思います。