資料請求
オープン
キャンパス

理学療法士学科【1年生】

理学療法士学科1年生の締めくくり『見学実習報告会』

 

出雲医療看護専門学校の理学療法士学科1年次学習の締めくくり、現場に出て理学療法士の仕事を学ぶ「見学実習」。

そして実習後、どんな学びがあったのか教員や他学生の前で改めて報告をします。

これまで先輩の報告を聞くだけだった1年生。

教員のアドバイスももらいながら報告書を作り上げ報告に繋げます。

 

どんな事を学んできたのか、一部ですが紹介いたします。

―――

Aさん(実習地:出雲)

患者さんとのコミュニケーションが大切だと分かった。相手にちゃんと伝わることを意識して、学校生活で改善していきたい。

Bさん(実習地:松江)

基礎知識がまだまだ少ない事が分かった。正しい知識をもって現場に出られるよう、もう一度解剖生理学を見直したい。

 

―――

 

 

 

 

教員としていつもこの見学実習で学生がレベルアップするのを感じます。

特に質疑応答。

質問者は疑問に感じたことをしっかり伝え、発表者はそれにより改めて新たな視点に気付き、考え、解決する。

そういった自立への一歩がこの見学実習にあると感じています。

 

もうすぐ2年生。後輩にりっぱな姿が見せられるよう、残りの時間も取り組んでいって欲しいですね。

一覧へ戻る
アーカイブ
PAGE TOP