Blog
ブログ

看護師体験!学校で病院体験をしよう!

こんにちは出雲医療看護専門学校の伊藤です。

 

2021年4月4日に開催した「学校で!?病院のお仕事を体験しよう!」について紹介します。

今回の看護師体験のテーマは「赤ちゃん」。

妊婦さんの看護から出産後の赤ちゃんのお世話までの流れを体験しました。

医療の現場で赤ちゃんや妊婦さんと関わる看護師、助産師について体験しました!

 

 

新型コロナウィルスの対策として、マスク着用、手指の消毒、検温などを徹底しての実施となりました。

看護師体験のメニューは

①看護師助産師の基礎知識(授業体験)

②出産のため入院している患者様に関わる体験

③出産に関わる助産師体験

④生まれた赤ちゃんの着替えやおむつ交換体験

を行いました。

その様子を紹介します。

 

 

今回は、妊婦さんの状態を体験するシミュレーターを使いました。

エコーを当てると胎動の音を聞くことができたり、妊婦さんの触診体験ができたりします。

 

シミュレーターの中に胎児の人形を入れさまざまな向きに入れどの方向に頭が向いているかクイズ形式で触診体験を行いました。

 

 

赤ちゃんを取り出す体験を模擬的に体験できる装置を使って助産師体験を行いました。

 

 

出産後の赤ちゃんのおむつ交換などのお世話の方法も体験しました。

 

 

今回は、赤ちゃんの誕生からお世話に関わる体験でした。

今回の体験が参加者のみなさまのキャリア選択の参考となれば幸いです。

 

【出雲医療看護専門学校についてはここから】

【もっと詳しく聞きたい方はここから】