Blog
ブログ

言語聴覚士学科にご案内♪

はじめまして、出雲医療看護専門学校 開設準備室、専任教員の坂田です。
今回は言語聴覚士学科のご紹介をしたいと思います。
そもそも、言語聴覚士ってどんな職業なんでしょうかね?
言語ってあるから、言葉?
聴覚って事は、耳?
いろいろ憶測は出来ますが、ハッキリと分からない方も多いと思います。
話す、聞く、食べるといった普段から行っていることが、病気や事故、また、生まれつきの障害で困っている方もいますし、加齢によって難しくなる方もいらっしゃいます。
そういった方々の社会復帰をお手伝いし、生活で困らないよう、また家族など身の回りの方とコミュニケーションがしっかりとれるように支援するのが言語聴覚士の仕事です。
では、そんな言語聴覚士になる為の学び舎である、本校のいろんな教室をご案内します!
まず始めに「4階普通教室(401)」

ここでは、教科書から基礎を学んだりする、いわゆる普通の授業のイメージですね。
この教室からは出雲市駅や県立中央病院などがハッキリ見えます。4階というだけあって見晴らしも良いですよ~。
……私のような高所恐怖症にとっては、窓は近寄りがたいんですけども。
……。
き、気を取り直して次です!「教材作成室」

ここではいろんな器具を使って実際の治療場面のような実習をします。
おや、どこかで見たことのある機械が。

これ、見たことのある方はいらっしゃいますか?
先日お亡くなりになられた「ひげの殿下」こと三笠宮寛仁さまも使っておられた機械です。
いろんな形がありますから、まったく同じものではないかもしれませんが。
喉のある部分に押し付けながら喋ると、声が出なくても機械が声を発してくれます。
ちょっと倉庫の中も覗いてみましょう。

これから生徒の皆さんが学ぶことになる教材がズラリ。
失語症と呼ばれる病気の検査や、脳の機能を検査するものまで、様々です。
最後に、エレベーターから出てすぐの4階の様子です。

まだ、生徒さんは1人もいないので普段は結構静か。たまに太田先生の叫び声が響く程度です(笑)
なのでオープンキャンパスや学校説明会でたくさんの方がこられると、嬉しくなります。
来年からは生徒さんの声で賑やかになると思うと、非常に楽しみな今日この頃です^^
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
それでは、また!
 
出雲医療看護専門学校 開設準備室
専任教員 坂田年彦
出雲医療看護専門学校ホームページ
https://www.icmn.ac.jp/