Blog
ブログ

野球サークル(同好会)活動!!【理学療法士学科】

みなさんこんにちは!
理学療法士学科教員の坂田です。
本日は本校のサークル(同好会)の活動紹介として
「野球サークル(同好会)」の活動をお伝えします。
 
私自身、高校時代は野球部に(控え中の控えとして)所属していました。
それもあって、現在野球サークル(同行会)顧問として活動しています。
 
今回は、1年生部員対2年生部員の紅白戦。
高校や中学で野球部だったという子もいますが、
野球を観るのは好き :heart05: という子もたくさんいます。
 
では、試合を振り返ってみましょう。
 
先発オーダー
<1年生>先攻
1.ショート  森脇
2.ピッチャー 天野
3.キャッチャー谷口
4.ライト   宗兼
5.センター  熊谷
6.サード   後山
7.セカンド  坂根
8.ファースト 園山
9.レフト   嘉儀
 
<2年生>後攻
1.ショート  石川
2.センター  住友
3.セカンド  堀田
4.ファースト 富山
5.サード   渡部
6.レフト   上田
7.ピッチャー 中村
8.ライト   田中
9.キャッチャー野津
 
プレイボールから先手を取ったのは1年生チーム。
1番森脇のフォアボールを天野が進塁打で進めると、3番の谷口が右中間へツーベースヒット!
1点を先制します。

 
すると1回裏、今度は2年生チームが反撃。
石川・堀田の出雲北陵高校野球部コンビが2つのフォアボールを選び、
2アウト2塁としたところで5番渡部。
フォアボールを嫌ってか、甘く入った6球目をレフト前へ運ぶと2塁の石川が帰ってきて同点!
ちなみにタイムリーヒットの渡部君はこの日、
ジャイアンツ時代の矢野選手のレプリカユニフォームでの出場でした。
「もうジャイアンツじゃないから使えなくて・・・。」
どことなく寂しそうだったのは、気のせいでしょうか。
 

 
 
その後2回に森脇のタイムリーで1点が入ってからはしばらく投手戦。
1年生は天野→森脇とつなぎ、2年生も中村→堀田とつなぐ。
コントロール、球速が良いのでランナーが出ても1点が遠い展開に。
 
 
 
 
試合が動いたのは6回。
2アウトから1年生チームは失策、サード強襲ヒット、フォアボールとチャンスを作ると、
ここでも3番谷口が仕事をします。
高めに浮いたストレートを振りぬき、
今度はレフト頭上を越す走者一掃の3点タイムリーツーベース。
 
「すまん、堀田。取れんかった・・・。」
と、レフトの上田君は悔しそうでしたが、あれはおそらく誰でも取れません。
 
結局これで試合が決定的になり、最終的に5-1で1年生チームの勝利となりました。
 
天野君を引き継いだ森脇君は6回89球7奪三振の熱投。
甲子園のアツさに負けず劣らず、面白い試合でした。
 

 
 
 
本日のMVPは当然この人。

 
 
谷口君です。仲良しの宗兼君とともに。
宗兼君の左手がなんかボケてますが、きっとカメラに砂でもついていたんでしょう。きっと。

 
敗れましたが、2年生から敢闘賞で打点を挙げた渡部君と、
先発の役割を果たした左腕中村君。
 
 
最後に。
野球というと経験者が活躍して、そうでない人はそんなに楽しくない
というイメージがあるようですが、このメンバーはそんなこと全くなく。
未経験者の1年、嘉儀君も
「これは楽しいですね!」
と試合中に言ってくれました。
 
 
たった3年間の専門学校での生活。
最高の時間を過ごしてもらえたら顧問としても嬉しいですね。
 
 
それでは、また!