News
お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について

<在校生、保護者、来校の皆様へ>

このことについて、文部科学省の通知に基づき、また本校の状況を踏まえつつ、下記のとおり感染予防の対応をとりたいと考えていますので、ご理解とご協力をお願いします。

令和2年4月3日現在

<在校生、在校生保護者の皆様>【最新】

1.毎朝、登校前に検温し、37度以上の発熱や風邪症状が認められる場合には、登校せず速やかに学校へ連絡すること。また、同居する者が発熱した場合には、その原因が明らかになるまでは自宅療養とし、その旨学校に連絡すること。

2.同居者に新型コロナウイルス感染者が発生した場合、あるいは感染者との濃厚接触者が出た場合には自宅待機とし、その旨速やかに学校へ連絡をすること。

3.登校前に検温及び風邪症状の確認ができなかった学生は、登校時速やかに教職員に申し出、検温及び風邪症状等の確認とその後の指示を受けること。

4.通学途中及び学内においては、咳エチケットとしてマスクを着用すること。

5.学内に入る際は、その都度アルコール消毒等による手指洗浄を必ず行うこと。また学内ではこまめな手洗い・消毒を徹底すること。

6.密閉空間、密集場所、密接機会が同時に重なる場所を回避すること。
(校内でも、教室等の換気、集団回避、人と人の間隔を空ける等の配慮を行う)

7.学内で発熱した者、あるいは体調不良(風邪症状)となった者は、速やかに教職員へ報告すること。学校は発熱、風邪症状がある者に対し医療機関へ受診させるが、学校から医療機関、自宅への移動については、原則として保護者に対応して頂く。

8.新型コロナウイルス感染及びその疑いによって、授業等を休んだ場合は公欠とする。

9.免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動、バランスのとれた食事を心掛ける。

10. 新型コロナウイルスによる、臨時休校や出席停止になった場合は、単位認定(科目および実習評価、出席日数、学費納入)に関して代替案を講じるなど学習評価等を通じて弾力的に対処することで、学生の進級・卒業・国家試験・就職活動等に不利益が生じないように配慮することと、学生に対する丁寧な説明を行う。(但し、養成施設校の指定規則を遵守)

11. その他、学校の指示には従うこと。

なお、感染状況の変化に応じて「行動変容」が必要となるため、学校運営管理体制を再整備する場合がございますので、予めご了承を賜りますようお願い申しあげます。

 


【参考情報】
・新型コロナウイルス感染症対策本部(首相官邸HP)
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/26corona.html
・文部科学省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html
・厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
・外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
・国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/