Blog
ブログ

「3年生が先生!~理学療法評価学~」

皆さん、こんにちは!
 
理学療法士学科の教員の太田です(*゚▽゚*)
 
 
さて、先週から3年生の病院・クリニックでの実習がスタートしました。
 
送り出す側の教員もドキドキしながら送り出しました(。º º )
 
 
3年生が実習に行く前に、2ヶ月間のお別れになるので2年生との合同授業をしました。
 
内容は
 
 

「3年生が先生! ~理学療法評価学~ 」

 
 
3年生が先生役をし、2年生に授業を行いました。
 
3年生は一生懸命2年生に評価に関する技術や知識を伝えていきます。
 

 
 
授業終了後、3年生からは、
 
「教えるのがこんなに難しいとは思いませんでした。」
 
「自分の知識が浅いので、教えていて不安になりました。」など
 
人に伝える難しさを感じてました。
 
 
2年生からは、
 
「1対1で一生懸命教えてもらえて良かった。」
 
と、個別指導を受けることができて嬉しそうでした。
 
 
そして、授業を受けた後は『テスト』を実施。
 

 
 
2年生は汗を流しながらテストをし、3年生は真剣に採点していました。
 
その後は、『フィードバック』の時間。
 
なぜ、この採点にしたのか、実技を交えて再度、評価の仕方を教えます。
 

 
お互いにとって、実りある時間になったと思います(^▽^)♪
 

この経験を生かして3年生は実習で、2年生は授業でガンバレ!!