Blog
ブログ

【理学療法士学科】 研修2日目

皆さんこんにちは!
 
本日、研修2日目に入りました。

 
今日の研修では理学療法士が多く関わる疾患の“パーキンソン病”と“脳血管障害”について学びました。
 
午前中は「B・I・Gセラピー」という講義でパーキンソン病の方に対しての治療方法を学びました!

 
まずは、その治療方法についての考え方や歴史について学びました。
そして、実際に先生と一緒に体を動かしながら、実技を行いました。

 
学生はペアで実技を行いましたが、その際に体を動かす時のポイントや注意点などといった先生からのアドバイスはすぐさまその場でノートを取り、多くの事を学ぶことができました。

 
実際にパーキンソン病の患者様が来られ、“B・I・Gセラピー”をされている姿を見学ができ、効果についても患者様を通して学ぶことができました。
学生も海外研修前にパーキンソン病の勉強をしていたので、実際に日本の違いなども考えながら質問していました。
 
午後からは、“脳血管障害患者に対するベッド・車いす移乗介助方法技術”について学びました。
どのように患者様に刺激を入れたら良いのか、どのように動かしたら良いのかについて学ぶことができました。
動かす方向が違うだけで、感じ方が違ったり動く方向が違ったりと学生は悪戦苦闘していましたが、自ら質問して講師の先生に触ってもらいながら、力加減、動かす方向などを体に叩き込むように一生懸命勉強していました。

 
カレッジでの研修は明日までです。
残り少ないアメリカでの研修時間ですが、より多くのことを学びたいと思っています。