Blog
ブログ

【学校見学ツアー】飯南高校の皆様がいらっしゃいました!

こんにちは。事務局です :shine:
昨日は全国的にも冷え込んだ一日となりましたね :sweat01:
 
今日は飯南高校の2年生31名の皆様と保護者の方々が学校見学に来校されました!!
まずは学校説明をさせていただきました。
 

 
その後、各学科全ての体験をしていただきました★
体験の様子をお伝えします :notes:
 
:cara01:看護学科
看護学科では、聴診器を使って呼吸音を聞く体験と赤ちゃんを抱っこする体験をしました :notes:
聴診器の使い方の説明後、モデル人形の正常な呼吸音を聴いてみました!!

よく聞こえる所とそうでない所があり、どこがよく聞こえるポイントなのか高校生の皆さんは
一生懸命探している姿を見受けられました。
また、赤ちゃんの抱っこ体験では生後まもない赤ちゃんと同じ3000gの
モデル赤ちゃんを使用し体験をしました。

体験後には、学生たちから
「思ったより重かった」
「首がグラグラして怖かった」 などの声があがっていました!!
 
:cara02:理学療法士学科
理学療法士学科ではまず、学生たちが実際に授業で使用している実習室を
どういった患者様に、どういった治療をするための部屋なのかひとつひとつ説明をしながら
見学をしていただきました。
実際に義肢装具加工室では義手を触っていただきました。

本物そっくりだったので、高校生の皆さんも「すごい!!」と、驚いた様子でした。
他には捻挫しやすい人、そうでない人の見分け方も教員から説明があり、なるほど~と皆さん関心しておられました :notes:
ちなみに、土踏まずがあまりない人は捻挫しやすいので気をつけてくださいね★
 
:cara03:臨床工学技士学科
臨床工学技士学科では、まず臨床工学技士とはどんな仕事なのか!?というところをDVD鑑賞しました!
【医療機器を駆使して、患者様の命を守るスペシャリスト】ということで、皆さんDVDに釘付けでした :shine:
そして、学科の教員からは工学と医学の知識の両方が必要であるなど説明をしていただきました。
体験は、特殊な機器を使用し血管を見てみるという内容でした。

高校生の皆さんは「血管が見える!!」ということに驚きの様子でした :eye: :flair:
 
:cara04:言語聴覚士学科
言語聴覚士学科は吃音障害を持った患者様がリハビリをして大勢の人前で演説が出来るようになるという
映画のDVDのワンシーンを鑑賞していただきました。
言葉を上手に話すためには腹式呼吸がとても大事になるということを豆知識として
教えていただき、患者様のリハビリをしていく上で
信頼関係をしっかりと構築しなければいけないということなども
お話をさせていただきました :shine:

 
最後に高校生の皆さんより
○専門学校の授業時間は何分ですか?
○3年制と4年制の違いは何ですか?
といった質問が出たりと、とても有意義な見学ツアーとなりました :happy:
 
医療職へつきたいと考えている皆さんには、
まず、どういう風に患者様に携わっていきたいのかということを考えていくと、
自分が将来目指すとところが見えてくるのではないのかな?と思います :wink: :up:
今回は、体験時間がとても少なかったためじっくり体験をしていただくことが出来ませんでしたが
各学科の職種がどのように患者様に関わっていくのかを見ていただくことが出来たと思います。
今度は、興味を持っていただいた学科へじっくり体験しに来ていただけると嬉しいです :happy:
飯南高校の皆様、ありがとうございました :happy: