Blog
ブログ

【全学科】オープンキャンパスって何回も行った方がいいの?

 

 

こんにちは。出雲医療看護専門学校の伊藤です。

 

高校生の方からよくあるのが「1つの学校オープンキャンパスって何回も行った方がいいのですか?」という質問です。

 

部活や、学校と離れた場所に住んでいて何度も行くことができない方もいると思いますが、

何回も行って損はない」というのが答えとなります。

職業選択」や「学校選択」というのははみなさんの人生のなかでとても重要な選択となります。

 

 

「こんなはずではなかった・・・」と後悔するのが一番みなさんにとって悲しいことだと思います。

そうならないためにオープンキャンパスで「自分に合っている」仕事、学校を知るというのはとても大切です。

 

 

本校に2020年4月に入学した学生の約70%は2回以上オープンキャンパスに来てくれています。
1番多い方で入学までに16回来ていただいた方もいます。

 

 

職業体験や体験授業をオープンキャンパスで行っている学校では、体験内容が毎回違う学校も多いです。

それぞれの体験の中で同じ学科でも毎回さまざまな先生や学生スタッフに出会うことができます。

 

複数回のオープンキャンパスでさまざまな体験や人と触れ合うことで職業や学校のイメージがどんどんついていきます。
また、本やネットだけでは分からない「医療現場」でのお話も聞くことができます。

 

その中で

やっぱりこの仕事に向いているな」となんとなくなりたい仕事が目標に変わる方や

この医療職の方が向いているかも」と自分の新しい可能性に気づく方もおられます。

本校の学生でもはじめは看護師を考えていた方がオープンキャンパスを通して臨床工学技士を目指し入学した方もいます。

また、学校に入った後も、先輩学生の様子や、授業の様子を入学前から知ることでスムーズに学生生活を送ることができます。

 

 

出雲医療看護専門学校のオープンキャンパスでは、「自分に合った医療職を見つけよう!」をテーマに

まだ迷っている方向け」「なりたい仕事が決まっている方向け」の2つのオープンキャンパスがあり、毎回、内容や先生、学生スタッフが違うので何度来ても新しい発見に出会えます。

最後に出雲医療看護専門学校のオープンキャンパスをちょっとだけ紹介します。

 

▲学生スタッフが会場準備をしてくれます。

▲本物の聴診器を実際に使います。

▲学生が車いすの使い方を説明することもあります。

▲実際の病院で使われている心電図を操作します。

 

なりたい職業、行きたい学校を見つけたら何度か学校に足を運んで学費や就職情報に加えて「自分に合っているのか」というところもぜひ意識してみてくださいね!

 

【出雲医療看護専門学校についてはここから】

【もっと詳しく聞きたい方はここから】