Blog
ブログ

老年看護学実習Ⅰ報告会【看護学科】

看護学科1年生の老年看護学実習Ⅰ報告会がありました。
「老年看護学実習Ⅰ」では、
介護老人保健施設やデイサービスといった福祉施設で、
高齢者に対する看護を学びました。
 
実習報告会では、各実習施設ごとのグループでスライドを作成し、発表しました。
 

発表項目は、各グループ共通です。
それぞれの項目について発表後、意見交換しました。
 
 
《発表項目》
:club: 施設の紹介
実習施設の概要や特徴をとらえて紹介しました。
 
:club: 老年期にある人の日常生活および日常生活援助
老年期にある人が、どんな思いを抱えておられるのか。
それに対して、どんな援助や工夫をしておられるのか。
実際の現場で学んだことをまとめました。
 
:club: 対象を尊重したコミュニケーションについて
ここでは、その人に合ったコミュニケーションを図ること、
「相手のことを知る」ことが重要だと考えるグループが多かったです。
対象者の状況や今の生活、性格などを知ることで、
一人ひとりに合った会話の内容を選ぶこともできると、発表していました。
また、施設実習でお話する相手の方は人生の先輩となりますので、
言葉遣いに気をつけることも必要だとまとめていました。
 
:club: 介護老人保健施設・デイサービスの果たす役割および看護師の役割
実習に行って、現場を実際に見てわかったことや気づいたこと、
職員の方から聞いたことを参考に、それぞれが考えたことを発表しました。
 
:club: 感想、次への課題
多くのグループが看護師だけでなく、
医師や栄養士、介護職など多職種との連携の大切さを感じ、
今回の実習で学んだことを、次の実習に活かしたいと決意を新たにしました。
 

 
今回の報告会では、司会進行・タイムキーパーも学生が行いました :flair:
学生が主体となって行う報告会だからこそ、
質疑応答は活発な意見交換の場となりました :pencil:
 
実習施設が違えば、同じ発表項目でも内容はそれぞれ違います。
 
自分が行った実習先とは違う特徴を持った施設に対しては、
具体的な取り組みや、そこで学生自身が工夫したこと、
実習中に得た情報から自分の行動をどう変えたかなど、積極的に質問が飛び交いました。
 
 
 
今回の実習で得た経験を、
これからの学びにしっかり活かしていってくださいね!
 
 
\看護学科の体験実習!/
【高1・2年生のためのオープンキャンパス】
3/21(土)13:00~16:30
↓詳細はこちら↓
https://www.icmn.ac.jp/taiken#gakkou_setu 
 
 
出雲医療看護専門学校ホームページ
https://www.icmn.ac.jp/