Blog
ブログ

アメリカ研修4日目【言語聴覚士学科】

大学での研修も今日で3日目です。
大学での研修も最終日となりました。
午前中の最初はケリー教授による「発音障害の評価と治療」の内容で講義がありました。
実際の評価法や訓練法を座学と実習で説明して頂きました。

 
 
次はグローアー学部長による「成人の嚥下障害の評価と治療」についての講義でした。
この講義では、グループに分かれて実際のVF検査やVE検査の動画を見て評価と治療法を考えるという形式で進められました。
とても難しい症例でしたが、大阪の学生とも協力して悩みながらも答えを導き出していました。
 
 


 
 
大学での研修最後の講義はアスルスウェド教授による「小児嚥下障害の評価・治療」でした。
成人と小児の嚥下の違いを解剖から詳しく説明して頂きました。
また実際の小児の症例の動画を見せて頂き、どのような視点で評価するのかを一 つ一つ説明して頂きました。
 

 
 
最後に修了式と夕食会が行われました。
グローアー学部長のご挨拶から始まり、修了書の授与がありました。
3日間の研修でしたが、学生にとってはとても貴重な経験になったと思います。
明日は、ディズニーランドに行く予定です。今年は60周年の記念の年のようで
すので、とても楽しみです。


 
 
出雲医療看護専門学校 ホームページ
http://www.icmn.ac.jp