Blog
ブログ

アメリカ研修3日目【言語聴覚士学科】

レッドランズユニバーシティでの研修も2日目となりました。
午前中は、オズボーン教授による「学習と識字率」のテーマの講義でした。
わかりやすく言語発達障害や学習障害について説明されるだけでなく、アメリカと日本の文化の違いについても教えて頂きました。
アメリカでは、本人が希望すれば学校に動物や蛇、蜘蛛などを連れて来る事が許可されているようです。この大学ではないですが、馬を連れてきた学生もいたようです。日本では、あまり考えられないことですね。


昼食後、午後からはプリマスビレッジ高齢者長期療養施設へ見学に行きました。
広大な土地に何軒も建物が建てられ、介護の重症度に応じて利用者が住んでおられるようです。
様々な設備があり、食堂はレストランのようでした。




今日の最後は、ラサール教授による「吃音障害の評価と治療」のテーマで講義がありました。
吃音の治療法を実習を交えながら教えて頂きました。実際の吃音の治療法を実習形式で学ぶ機会は少ないので、
とても有意義な講義になりました。


出雲医療看護専門学校 ホームページ
http://www.icmn.ac.jp