News
お知らせ

【保護者の皆様へ】新型コロナウィルス感染症に対する基本方針(4.20版)

保護者の皆様へ

4月20日(月)に学生の皆さんへ、新型コロナウイルス感染対策における指導方針の通知をさせていただきました。その内容をご確認くださり、皆様方のご理解とご協力をお願い申しあげます。

———————————————————————————————————————–

2020年4月20日

学生のみなさんへ

出雲医療看護専門学校
学校長 橋本 勝信


新型コロナウィルス感染症に対する基本方針(4.20版)

新型コロナウィルス感染の拡大により、先週より島根県としても「緊急事態宣言」が発令されました。学生のみなさんと教職員への感染拡大を予防するとともに、出雲医療看護専門学校として、みなさんの学ぶ環境を守るための基本方針を示します。

学生のみなさんには、しっかりと現状認識を行い、感染防御に向け本方針に従い責任を持った行動をとるよう強く要請します。

医療人を目指すみなさんの行動を、地域社会は大きな関心を持って見ています。健康観察期間中は、感染防御のための自立・自律した生活を送り、より一層慎重な行動の変容を求めます。

 

<島根県の基本方針(一部抜粋)>
◎基本的な感染症対策の実施に向けて
【感染症対策の3つのポイント】
①感染源を断つこと ⇒ 毎日の体温測定と風邪の症状による体調不良の確認
②感染経路を断つこと ⇒ こまめな手指洗浄と咳エチケットの徹底
③抵抗力を高めること ⇒ 睡眠・休養・食事のバランスを整える

 

1.緊急事態宣言期間中の、自宅待機による健康観察について
2.授業について
3.臨床実習について
4.健康管理について
5.外出について
6.感染防御に向けたその他の対策について
7.正確かつ最新情報の入手

 

1.緊急事態宣言期間中の、自宅待機による健康観察について
(1)生活をしていく上で必要な外出の場合以外は、不要不急の外出を極力控えて島根県に滞在してください。やむを得ない事情で県外に外出する場合は、担任にその旨を報告し、可能な限り短期間とし感染防御に配慮すること。
(2)健康観察については、4に準じて必ず記録をとり担任へ報告する。

2.授業について
(1)授業開始日
5月7日(木)から再開予定です。
新型コロナウィルスの潜伏期間は2週間と言われています。臨時休校期間中の4/22~5/6の期間は、健康観察期間とし、この期間中に発症していない事を確認した上で授業を再開しますので、その意義を十分に理解してください。
(2)授業形態
eラーニングやJ-Web、Zoomなどを利用したオンライン授業配信による整備を始めています。
インターネットの通信環境(Wi-Fi環境等)を整えて下さい。

3.臨床実習について
当面、臨床(臨地)実習は延期とします。学内での実習に振替える準備もしていますので、感染防御の観点からも、3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)の重なりを避けてください。

4.健康管理について
毎日の健康管理を徹底してください。Googleアンケート上の「活動報告」で、毎日の体温測定、体調や受診状況、行動履歴を報告してください。毎日9:00に教員が確認します。
感染が疑われる症状がある場合は、担任に相談してください。

5.外出について
健康観察期間を含め、当面は不要不急の外出を自粛するともに、他の学生を含めた他者との接触を極力避けてください。外出理由を含め必ず自身の「活動報告」を記してください。

6.感染防止に向けたその他の対策について
課外活動やその他の活動について、全ての課外活動を禁止とし、学校への出入りも禁止します。
また多人数の集会や飲み会・食事会も禁止とします。
アルバイトは健康管理期間中、原則禁止とします。

7.正確かつ最新情報の入手について
医療人を目指す者の大切な務めとして、正確かつ最新の情報収集があります。少なくとも1日に1度は信頼できる情報サイトを閲覧してください。
更に、本校のホームページ(随時更新)やLINEを通じての情報共有も有効活用してください。