Blog

ブログ

【臨床工学技士学科】パスワードのお話

 

 

 

こんにちは出雲医療看護専門学校の伊藤です。

 

【パスワードを入力してください。】 

 

スマホが普及してこんな画面最近はよく見るようになりましたね。

 

今回は危険なパスワードと安全なパスワードについて紹介します。

 

紹介の前に危険なパスワードだとどんなことが起きるのか紹介します。

パスワードが漏洩するとSNSの乗っ取りや通販サイトに不正なログインを許してしまいます。

 

LINEで勝手にメッセージを送られたり、身に覚えのない商品が届いたりと生活に大きな影響を与えます。

さらに誰がログインしたかわかりません。

犯罪などに巻き込まれることも考えられます。

みなさんもパスワードの管理には十分に気をつけましょう。

 

 

 

それでは危険なパスワードランキング(2019年版)です。

①123456

②123456789

③qwerty

④password

⑤1234567

 

なんとなく見ただけで危険な感じがしますね!

③の「qwerty」これを見ると複雑なアルファベットで安全そうに見えますよね。

しかしこれはパソコンのキーボードの上の段のアルファベットを左から右へ順番に押したものになります。

 

 

 

 

また、誕生日や自動車のナンバープレート、「ninjin(にんじん)」などの辞書に乗っている「単語」は使わないようにしましょう。

 

では安全なパスワードを作るにはどうすれば良いのでしょうか??

 

ポイントはいくつかありますが2つ紹介します。

 

①文章にする

 

「kyouhatennkigayoi(今日は天気が良い)」など、「単語」ではなく文章にすること。

 

②文字の置き換え

s→$

a→@

o→0(ゼロ)

z→2

b→6

i→1

のように似た文字に置き換えることで安全度は上がります。

「kyouhatennkigayoi」→「ky0uh@tenk1g@y01」

のようにするとより強力なパスワードとなります。

 

臨床工学技士が扱う医療機器には患者様の情報がたくさん含まれている物もあります。また、情報社会のなかでこれからの臨床工学技士はサイバーセキュリティについての知識も今まで以上に求められるようになっていきます。

 

 

 

【出雲医療看護専門学校についてはここから】

【もっと詳しく聞きたい方はここから】