Blog
ブログ

オープンキャンパスを開催しました。

こんにちは。

出雲医療看護専門学校では、9月19日にオープンキャンパスを開催しました。

来年4月に新設する「医療総合学科」をじっくり体験できる「メディカルカレッジ」を開催しました。

今回も新型コロナウィルスの対策として、検温やマスク着用などを徹底して開催しました。

その時の様子を紹介します。

 

 

今回は「医療秘書専攻」の体験を紹介します!

 

医療秘書の職種内容は病院内の事務業務が中心になります。

その中には医療事務と同じような「受付業務」もあります。

今回は、医療秘書や医療事務が病院などの窓口で行っている業務を体験しました。

講師には実際にクリニックで医療事務として活躍されている小林先生にカルテに記入体験や保険制度について説明をしていただきました。

 

 

 

 

 

「医療秘書」という職業を初めて聞く方も多く、「医療秘書は持っている資格の種類で業務内容が変わるものなのか気になりました。」などの質問もありました。

医療秘書の働き方や業務内容はは病院などにもより異なりますが、例えば「医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)」などの資格があれば、「医師の行う方がふさわしい」カルテ入力などを医師に代わって記入することができるだけでなく、カンファレンスの準備など医師のすぐ近くで活躍することができます。

同じ医療秘書でも活躍する場所がさまざまなのも特徴の1つです。

今回の体験で体験者のみなさまの進路選択の参考となれば幸いです。

 

【出雲医療看護専門学校についてはここから】

【もっと詳しく聞きたい方はここから】