Blog
ブログ

5/15キャンパスツアーを開催しました!

こんにちは出雲医療看護専門学校の伊藤です。

5/15に4職種体験オープンキャンパスのキャンパスツアーを開催しました。

 

キャンパスツアーでは学生と一緒に臨床工学技士、医療秘書、理学療法士、看護師の4つの医療の仕事を体験していただきました。

その様子を紹介します。

 

臨床工学技士体験

臨床工学技士学科では工学に関する体験でした!

人の汗に反応する「うそ発見器」をみんなで作成しました。両手で銅の板を触るとランプがつく装置です。緊張したり、うそをついて手に汗をかくと通常よりも明るくランプがつきます!

学生と参加者が一緒になって苦戦しながらもうそ発見器が完成しました。

新1年生の学生スタッフはかなり緊張していたようで両手で触っただけでかなり明るく光りました!笑

 

医療秘書体験

医療秘書体験では、病院での受付体験を行いました。

テーマは「コミュニケーション」です。

病気などで言葉を話すことができない患者様が来院されたとき手話などを使われる場合があります。

今回は手話のもとになる「指文字」を使って苗字を表現できるように練習しました。

 

理学療法士体験

今回の理学療法士学科では、リハビリで使用する道具の体験です。

理学療法士は、体に触れての治療だけでなく杖や補助具の調整や、使用方法の指導なども行います。

杖一つにしても、患者様の体格等によってベストな高さが違います。理学療法士は患者様が一番使いやすい杖の高さを調整します。

今回は、義手、義足に触れてみたり、杖の高さを自分に合った高さに調整したりと歩行等の補助具について体験していただきました。

看護師体験

看護師体験では、出産の現場で活躍する助産師や看護師について体験しました。

妊婦の方の状況を再現できるシミュレーターを使用して、おなかの中の赤ちゃんの状態を体験したり、エコーを使って映し出したりして、体験を行いました。

実際におなかの大きな妊婦さんのシミュレーターを触り、参加者のみなさんはとても驚いた様子でした。

看護学科の学生スタッフもこれから学ぶ内容だったため、参加者のみなさん以上に真剣なまなざしで体験を見ていました。

 

 

今回のキャンパスツアーの参加者からは

「全ての学科を体験できてとても楽しかったです。どれも楽しくて興味が湧きました。」

「わかりやすく、楽しく体験出来てよかったです!!!!!!」

「教員の方や生徒の方々も、とてもいい雰囲気で楽しかったです」

などの感想をいただきました。ありがとうございました。

今回の体験で参加者の方の医療に対する視野が広がったなら幸いです。

次回のキャンパスツアーは6/12()たくさんの方のご参加をお待ちしています!

 

★おまけ★

学スタ写真集

▲新1年生の2人です。初めてオープンキャンパスのお手伝いをしてくれました。

 

▲ベテランの学生スタッフと初めての学生スタッフの二人です。体験が終わって休憩中です。

 

▲真剣に人体の模型を眺めて勉強中です。

 

▲↑の写真の手前では学科を越えて笑顔の2人です!

 

【出雲医療看護専門学校についてはここから】

【もっと詳しく聞きたい方はここから】